懲罰動議について

今回の6月議会、悲しい事に本会議中一般質問で質問者が議会人として不適切な発言があり、議会の秩序、品位保持の為には、質問者を懲罰に値するとの事から、懲罰動議が提出されました。理由は下記の通りです。

<理由>

平成26年6月19日の本会議一般質問における竹若茂國議員の発言は、甲賀市議会会議規則151条に反し、著しく議会の品位を損なうものである。

 もとより、本議会においては、同和問題を一日でも早く解決するため、市当局とともに総力を挙げて取り組んでいるところであり、竹若茂國議員の発言はこれらに逆行するもので、まさに部落差別を助長する発言であるため、懲罰を求める。

                      平成26年6月20日

 

甲賀市議会議長宛に5名の提案者により動議として提出され、6月25日本会議において、懲罰特別委員会が設置、今後委員会で審議される事になりました。

 

特別委員会では、不適切な発言をした人に対して糾弾するだけでなく、まず本人の弁明の機会を与え、次になぜそのような発言にいたったか?どこが間違いなのか?慎重に審議される事が大切であります。

懲罰動議としては3日以内に提出する事が求められます。時間があまりないのも事実です。今後委員会の推移を見守りたいと考えています。

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    甲賀市民 (木曜日, 17 7月 2014 21:15)

    具体的にはどの様な発言だったのでしょうか?

カウントダウンタイマー
信楽町観光協会
信楽町観光協会
カウントダウンタイマー